近況(2017/02/01)

ツクールMVにてホラーゲーム製作中ですが、これがとってもバグ無しで公開できる自信がありません

ホラーゲームで恒例化した、意味不明な暗号解きだとか鬼ごっこやらとかを排除していった結果、もう自分の頭の容量オーバーするシステムにしてしまって苦しんでいます。

こんなことなら一本道なぞなぞ鍵開けゲーにしちゃえばよかった!

…と、何度も思ってしまいましたが、まあなんとか形にはなりそうです。一応。

もっとも、どうせシステムとか丁寧にやっても、たとえいろいろ雑でもイラストが豪華なゲームには勝てないわけではありますがゴニョゴニョ。

そういったわけでテストプレイをしてくださる方をささやかに募っております。といって、実際に手あげてくださる方が今までひとりもおりませんでしたので、どうしようかなあと悩み中。製作者の都合としては、イラストは最後に追加していくので、「そういうのができてなくてもいいよー」という寛大な心まで要求してしまうわけですが…。

RPGツクールMVで、PCでのプレイかスマホでのプレイかを判別する方法。他、ピクチャボタンについてや、スマホ上でのツクールMVの挙動について



以前教えてもらったことなのですが、[変数の操作]でスクリプトに以下のように入力すると「ツクールMVを起動しているOSが、Windows/Macなら変数として1を返す」そうです。

navigator.userAgent.match(/(windows|macintosh)/i) !== null ? 1 : 0


画像にすると、こう。



これを利用すれば、ブラウザゲームとしてアップした際などに、パソコン用のイベント、スマホ用のイベントと分けたりすることができます。(その実例が、この記事冒頭のKSG。)パソコンなら変数に1が代入されますし、スマホなら0が代入されるというわけです。

ちなみに、Linuxなんかの可能性を考慮に入れていないわけですが、まあ一般人は触ることすらないし…。


ピクチャボタンはツクールMVのプラグイン開発で有名なトリアコンタン氏のものを使わせてもらいました。

Delusional Field: ピクチャのボタン化プラグイン

1画面にボタンを複数使いたい時はどうすればいいのかよくわかりませんでしたが、こんな感じで1つずつ設定すればいいみたいです。





ちなみに、これですが、PCで開くとBGMが鳴ります。スマホでゲーム画面を開くと、ボタンを押して画面切り替えしないと鳴りません。


教えてもらったのですが、スマホブラウザのHTML5の仕様として、一度もタップしていない状態では音が鳴らないようになっているそうです。

Amazon電子書籍で『百合の世界へ シングルマザー』発売開始しました



カテゴリが何故だか「評論・文学研究」になってましたが、完全フィクション作品です。7,000文字程度。

この作品に関して、自分でドン引きするレベルで時間がかかってしまいました…。ちょっと今後を考えようかと思います…。

希望小売価格は0.99ドルで設定しました。日本円では為替相場で変動するようです、多分。

タイトルなんですが、本当はスマートな感じにしたかったのですが、実績無い作者の作品なんでこうなりました。それに加えて、生活に関する本などとの混同による勘違いを避けるため、すんごく中途半端になりました。

「百合男子RPG」のプレイ動画版を作りました



youtubeに生配信機能があったので、それを利用して動画版を作成しました。HDDに巨大ファイルできないから楽と言えば楽でした。

今回は前々から動画版にしたかった「百合男子RPG」を動画化しましたが、他の作品もどんどん動画にしたいなと画策中。