次回作は紙芝居ゲームだ!(爆)

一応予告だけはしているのですが、ほとんど手つかず状態です。漠然とした構想だけはあるのですが、未だに使用ソフトも決めておりません(笑)。まあ吉里吉里にしようかと考えていますが。

結局「FloorMaster2」はとにかく予定よりも大幅に長くなってしまったので(それでもいろいろと削りました)、まあ簡単に終わるものにしようかなあと。非常におとなしい現代物にしますので地味な仕上がり予定です。


ぶっちゃけた話、既存の百合ADV(フリーでネット配布されているもの)を見てみますと、美少女ゲームベースが主流のようです。こういう時、「男性向けか女性向けか」ということを気にする方もいらっしゃるようですが、素直に男性向けでつくっても問題ないというのが今現在の私の認識です。初めて男性向け大型同人イベントに行った時の、その女性率の多さに面食らった記憶が未だに消えない私です。


とかいいつつ、ベースにするのは美少女ゲームではなく、ボブゲー(BLのゲーム)をベースにするんじゃないかと思います。別に「ボブゲーの方が優れている」とか、そういうわけではありません。単に私にとってはそっちがやりやすいだけだからです。


とりあえず、タイトルは最近はやりの「○○○○!」の4文字型にすればいいんじゃないでしょうか…!(爆)

あ、あと、今回もヘタな自分が人気絵師さんの作品をトレスしながら全部立ち絵描きます。もう募集もしません。

そろそろ…

下絵 キャラクター画ぼちぼち描いています。簡単な設定だけは決定済みなので今月中にはキャラクターだけ公開してしまいたいなあと思うこのごろ。タイトルも決定したいのですがなかなか良いのが出てきません。困りました。あらあら。
 それはそうと吉里吉里さわってみたらタグの手打ちが必要だったのであっという間に挫折。やっぱりツクールの方がいいなあ…。ツクールの方が慣れてますし。そもそも何故どのツールも画面下部のメッセージ方式じゃなくて、全画面を文章が覆う方式がデフォになってるのでしょうか?家庭用ゲームって前者ばっかりじゃないですか。こんな方式、昔のエロゲーで終わっていたと思ったのに。やっぱり全画面にシナリオ打っちゃう形式の方が作り手的に楽なので、それでみんなそっちに落ち着いちゃうんですかねえ。

 今探したら「LiveMaker」なるソフトが…。これならサルな私にもできるかも…。

遅々としてますが進めてます


同性パートナー生活読本―同居・税金・保険から介護・死別・相続まで (プロブレムQ&A)
 この本読んだのですが、なんでも日本って養子縁組に関しては外国よりも簡単にできるらしいですね、全然知らなかったです。お恥ずかしい。
 昔の日本のお武家さんの本とか読むと他家から養子(娘がいるなら婿養子)をもらって家を継がせるケースが大変多かったので、ものすごく当たり前に思っちゃってました…。(時代劇で奥方様が「男の子を産めないとは情けない」とか責められる描写がありますが、こういったのは後生の人間の感覚による描写でしょう。子どもの育ちにくさもありますし、日本人は血筋よりも家の方が大切なので男系以外認めないのは本当に特別な家系だけでしょう)

 そんなことはいいとして、キャラクター下書きは予定分終わりました。前々から予告している通りイベント画は無いので(爆)、とりあえず立ち絵だけはあるADVとなる予定です(笑)。(いいかげん自分で描くのも限界ですかね~。でももう他の人に頼む気力がわかなくなってしまいました。)そこそこ選択肢を用意する予定ですので、BADエンドも搭載予定。攻略対象が1人だけでメインシナリオもほぼ固定されたゲームもありますが、そういった方向にはならなさそうなのでよろしくお願いします。

登場キャラ画紹介延期について

「今月中に下絵でも公開する」とか言っていたのですが、最近知った新しいグラフィックソフトをおぼえたいという、個人的な勝手で延期することにしました。今までとはかなり違ってておもしろいです。







う~ん、おもしろい~~。

とりあえず放置はしていないという報告

今月はしばらく動画をあげていきますが、第3作は第3作で手を着けている状態です。



さてさて、ものすごくいまさらなのですが、ぶっちゃけゲームのグラフィックは全部フリー素材にするつもりでした。オリジナルで描く気など毛頭ございませんでした。それが何故か「オリジナル0はなんかイヤだ」ということになり、こうしてなんだかよくわからないまま描いている有様です。今のところ予定は一切ありませんが、将来もし「絵は全部自分にまかせろ」という人が私の前に現れたら、私は一切描きません。ですが、現実問題なかなかそういうことは難しいので、もうしばらく私のヘタな絵にお付き合いいただけると幸いです。







というわけで、ようやく1枚塗り終わりましたのでアップしています。



ヒロイン画像

<一番初めの公開分・未完成>



なんだかものすごいパクリ臭の激しいカラーですね。某ゲームを見て「うらやましい~」とか思ってしまったのが運の尽きというやつですね。最低ですね。

影をブラシ処理してないのはワザとでもあります。256色にして大縮小しても大丈夫かどうかよくわかんないので…。うまくいくといいなあ。



ヒロイン画像

ぼちぼちと進行中…。

第3作「灯」登場人物紹介



第3作予告

タイトル 「あかり





百合恋愛アドベンチャーゲームです。お嬢様女子校が舞台というベタベタな内容ですが、モブは描く気無いので女子校の雰囲気は出ないと思います(←)。




・登場人物紹介


野菊花

野菊 花

主人公。当ゲームはこのキャラクターの主観によって進行します。かなりポジティブな性格の新入生。



高羽美智

高羽 美智

ヒロイン1。主人公の花より1学年上。体格の良い人。





雨ヶ原由々子

雨ヶ原 由々子

ヒロイン2。主人公の同級生。気弱でおとなしい子。








以上。ミニゲーム予定です。







各キャラクター画像が前回公開した時と表情が違うのは、表情だけ数パターン制作したからです。上の以外にもいくつか表情バリュエーションを用意しています。


予定しているゲーム内容としては、かんたんな選択肢を消化していくことでキャラクター別のルートに行くという、シンプルな紙芝居チックゲームの予定です。今度こそ長くならないよう気をつけるつもりです。う、うーん…。

なお、以前予告した通り、イベント絵はありません。作者が立ち絵で完全に力尽きました。年内完成予定です。

すすんでいなくてすみません

これまでの作品は多少扱い方を知っていた「RPGツクール」でやっていたのですが、今つくっているのは全くさわったことのないツールでやっております。そのツールで何故かキャラクター画像を入れるのがうまくいかなくて、それでイライラしてしまい、ぶっちゃけ一時投げ出してしまったのですが、なんとかがんばって軌道に戻しました…。

こんなわけですが、公開は予告通り今年中です。それまでにサンプル動画を上げたいなとか思いますが、うまくいけるようがんばります。

年内公開予定でしたが間に合いませんでした

ごめんなさい、ゲームやってて間に合いませんでした。



サボっていた一方がコノザマ。



しかも大晦日は「紅白歌合戦」そっちのけで「ビッグダディ」見てました。ビッグダディ、ビッグすぎるよ。お金を払ってこれまでの分を全部見ようかと真剣に考え中。





第3作ですが、正月三が日中に公開するよう調整中です。これまた間に合わなかったらごめんなさい。とりああえず2010年もどうぞよろしくおねがいします。

まだなんですな

お待たせしっぱなしで申し訳ございません。1月は1月で別事でいろいろあって、時間的に厳しかったです。なんとか1月中に公開しますのでよろしくお願いします。

フリーのメールアドレスを取得しました。

otonari87463あっとまーくmailどっとgooどっとneどっとjp

gooのメールはとやりすいんですね。ありがたやありがたや。

無期限延期決定

えー、第3作なのですが、無期限延期とさせていただきます…。


正直プレイ時間10分のものをつくりはじめ、今もそれは変わらないのですが、ここにきて、1日集中しておいて、できた量が3行とか1行とか。

シャレにならないので第4作と並行進行いたします。すいません…。本当にごめんなさい。

今後の予定について〔2010年8月31日〕

第3作、9月シナリオ脱稿見通し。11月初めごろにまたβ版で公開ぐらいになりそうです。

ぶっちゃけた話、RPGはアニメ見ながらつくれたんですが、シナリオメインですとそれができなかったんですな。なんという甘い見通し…!

体のこととか言うと、呼吸が深ければもっと集中してやれるのになあとか思うんですが。基本バカなので、呼吸も浅いですハイ。

そういえば『病気が怖くなくなる超呼吸法―宮廷21式呼吸法に学ぶ、誰でもできる気功的生活のすすめ。』というのを先日やったんですけど、腕をまわして脚をひろげる程度なのに、息も切れずにものすごく汗が出てビックリですよ。というか、「この暑いのに汗とかかきたくないわー」とか思って投げ出しちゃいました。(←ダメすぎる…) また涼しくなったらやろう。

シナリオ今更書き終わりました

タイトル通りです。今更です…。しかもこれが「ポプラ社小説大賞間違いなし!」(←オイ)な出来ならいいんですけど、う、うーん。できても公開しないとかありそう…(←エー)。少なくとも私なら「この賞はあくまで自分の実力だけでとったんだ。後ろ指を指されることなど何もない」とふんぞり返って賞金2000万円をもらい、そのままトンズラこきます(←死ね)。

それでまあ、例の如く、更に完成は遅れ、年内にできるかどうか…。別件で用事はいったり、もうしっちゃかめっちゃかです。ごめんなさい。





ちょっと話が関係ない方に行きますが、先日検索で「FloorMaster2 迷いの森」というのがあったのですが、あ、あれ?もしかしてウチの作品の話なんでしょうか…?

実はその「迷いの森」なんですが、テストプレイすると思うように迷わないのでノーヒントでほったらかしにしたのですが、バグに見えたかも…。

「確かそのあたりは動画にしたはず…」と思い返して見なおしたら、ものの見事にそのあたりすっ飛ばしてますね。どうもすみません。

こんなところですが、ちょろっと書くと「迷いの森」はアトランダムに移動させられるため、一度来たところに戻されても繰り返し進むことにより突破できます。

2011年最初の定例報告

 ごめんなさい、今つくっているゲーム、やっとこさテキスト打ちが終了。これからスクリプト作業です。あーあー。こんなに時間かけるつもりではなかったのにー。つい長くなってしまうのは悪い癖ですね。猿でもできる反省をしておきます。

 だいたいテキスト量は2万文字程度です。いろいろと余分を含めた量ですので、ゲームになるともっと少なくなります。

 後、以前にも書きましたが、あんまり自信がないなあという理由で、多分メール希望者限定公開制とか、そんなことになると思います。専用フォームに送信すると、自動でテンプレメールが返ってくるとか、そんな感じで。






 閑話休題。去年のアニメで「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」というのがありました。あのアニメを見てると美少女ゲームに対する需要って「好みの女の子と仲良くなりたい!」というのが大多数っぽいのですが、そうなんでしょうかやっぱり。私の好みとしてはキャラどうこうよりもシナリオ重視だったりするわけで、なんともショックな出来事でした。そもそも私がエロゲーやり始めた頃というのは「エロゲーでもこんなにストーリーが良いものがあるのか」とか言われてたころなんで(詳しい人ならだいたいどれのことを言っているのかわかるかと思います。)、「○○な女の子と仲良くなれるのがエロゲーの魅力」みたいな見方というのは、個人的にはけっこうな驚きでした。

 うーん、やっぱり大切なのはキャラ萌え重視なのか、ぐぬぬ…。

 ああ後、私、主人公ハーレムは苦手でなんとも。ですが、ラノベとかで主人公ハーレムにするのはどのキャラも満遍なく登場させるための処置とかなんとか聞いて、ああなるほどなとも思ってもおります。やっぱり男性の方ですとあんまりカプとか考えないですかね。まあ、ぶっちゃけカプがどうこう言う方がワガママかもしれません。おまけに攻めがどっちかまで言い始めて……んがんぐっ

4月予定

発表しないことには意味がないということで、新作は4月限定公開予定。早く終わらせたいのと、ゲーム自体がだいたい春ごろのシナリオという理由。

ただ、描いた絵が1年近く昔の絵で、さすがに描き直したいなあとも。それだと更に公開が遅れますな。



他。

ゲームに音声つけるにはけっこうハードルが高いことが判明。

RPGもそろそろ制作再開に向けて考え中。具体的には予定していた要素のどこを削るか。敵グラフィックはさすがに誰かに分担してもらいたいなあと思案。

4月30日公開する予定でしたけど、ずれるかな~

テストプレイなしでつくってるので、間違いがあったら修正作業の嵐。

今完成させないと、このブログ自体消滅しそうな気がするので追いつめてつくってます。他人様のテキストだったらもっと楽だったかなあやっぱり。

次々回作のことも一応考えながらやっていますが、自分からお願いして手伝ってくれる人を探した方がいいかなと思案中。声の人は探すとけっこう依頼募集中の人が見つかるのですが、一番ほしい絵の人は商業レベルを除くとまず見つからないのが現実であります。

ぽぽぽぽーん

BGMの記述の仕方間違えてたわー いやん

そういえば購入した素材って「素材はこちらからお借りしました」云々の表示っているんですたっけ?まあ私が創ったものでないことだけは確かなんですが。

どうしようもうすぐ作業終わりそう

制作発表 2009年07月23日
無期限延期決定 2010年01月31日


私なりにもがき苦しんでいたのですが、まあ長かったなぁ。なんかもう終わりそうになってきて、逆にこのまま完成させたくないという気持ちにもなってしまいました。恐ろしや…。

この長い年月で学んだことといえば、ファミレスでシナリオ書いた方がはかどるねということでしょうか。なんという回り道。


関係ないですけど、ネット見てるとホラーゲームって人気あるんですね。私の場合、ホラーゲームってあんまり好きではないのですが(なんでかと申しますと、ホラーゲームってホラーと感じられないからイマイチピンと来ないっていう理由)、今後はホラーを謳ったものをつくる方がアクセス数増えるかなあ。まあ究極は18禁ですがゲフンゴフン。まあそんなスキルないから安心していただきたいです、いや本当に。ちなみに今までやったフリゲの中で私が一番好きだったのは「レッグさん2」だったりします。(ご存知の方いるのかな?)


そんなわけで、次つくるRPGは敵を「まどマギ」の魔女みたいなビジュアルで描いてくれる人を探そう…って、それって限りなく難しそうだにゃ。