2014年明けましておめでとうございます。告知です

新年あけましておめでとうございます。

昨年は長短合わせまして6作も発表しました…というか、垂れ流しました。

そこまでやってみて、まあ結果としては決して芳しいものではなく、冷静に考えたら「才能ないのだから、もうやめちゃえばいいのに」とは思うのですが、そういう宿命なのか「今度はああしようこうしよう」ということばかり考えてしまい、今年も相変わらずになってしまいそうです。

百合としましては、私の少女漫画脳的な考え方によって「お互いを確かめ合うまでのプロセスを最重要していきたい」とつい思ってしまう関係で、これまでのような百合要素の薄い作品がメインでした。しかしながら、そういった切り口というのはあまり受け入れられませんようで、残念ながらユーザー様の満足度が高くなかったと反省しております。

まー、百合に限らず男女関係でも「恋愛でも友情でもないような~」というのが好きなんですけどね。「マルサの女」の主人公とメイン悪役みたいな。

マルサの女/宮本信子[新品]
宮本信子と山崎努の名演が光る傑作。


ただ、昨年までの作品は半ば「自分のやりたいもの」というのが優先されていたのもありますので(特に「FloorMaster」の3作は完全に自分の趣味でした。自分でプレイしてニヤニヤしてました。)、今年は大きく方針を変えていこうと思います。特に「これは百合ゲームではありません」と宣言するゲームを発表する予定です。



というわけで、告知。web拍手で既にお見せしておりますが…




ライオンのうたげ

「中世西洋ファンタジーRPG」風の時代劇ホラーADV。オバケとか出てこない殺人鬼もの。非百合でアダルト向け18歳以上推奨。恐いかどうかはプレイされた方次第ですが、後味はまず悪いと思います。

また特徴としましては、途中ゲームオーバーはございません。「即死イベントがムカつく!」という方でも安心(かも)設計。それと追いかけられ要素もございません。急に飛び出してきてビックリ要素もございませんが、そのあたりは多少受け取り方次第かもです。果たしてこれだけホラゲー定番要素がなくて本当にホラゲーになるのかどうか、乞うご期待であります。

というわけで、「ライオンのうたげ」、どうぞよろしくお願いします。


バナーにするかも画像
ちなみにこの画像のライオンはベクターレイヤーで描いているので拡大に強い…はず。正直「ステッカーとかシャツとかにできたらいいなー」と色気を出して描きました。下心ですいません。

低レベルだけど、ちびキャラ描き終わったので切り替え目的にブログ書く

声優の加藤精三さん死去、星一徹やメフィラス星人などアニメ・特撮作品で活躍 | マイナビニュース

あの加藤精三さんがお亡くなりになられました。星一徹・メフィラス星人は特に印象深かったので惜しい限りです。ご冥福をお祈りします。

さて、今あげた「星一徹」ですが、アニメ「巨人の星」を見るとよくつぎあてのある服を着ています。今はそういう人見ませんけど。


↑公式で第一話無料みたいですね。途中までですけど。

今みたいな服装の豊かさというのは歴史的には割りと新しいみたいなんで、昔の人の服は大してバリュエーションもなかったんじゃないかと思うわけです。

MedievalEuropeDress_BYohO3iIMAAuTbb.jpg
中世ヨーロッパの服装 [ アルベール・シャルル・オーギュスト・ラシ ]

そういったわけでありまして、今回制作したキャラチップの服装もほとんど同じです…!というか、もうちびキャラとか二度と作らない!作りたくない!!最高にめんどくさかった!!!(しかも絶対にほめられない)


まあプロの人というのはやっぱりそのあたり上手なわけで、資料見ながら上手くデザインしていだんだなーとか今更ながらに思います。

「ドラゴンクエスト」というゲームに「リカント」という敵モンスターがおりました。

スクウェア・エニックス ドラゴンクエスト ソフビモンスター 038 リカント←これ。

下半身が靴を除いてほぼむき出しです。「風が吹いたらぺろーんとめくれてイヤーン!ってなっちゃうのかいな」とか思った記憶がありますが、上記の資料を見ると男性が下半身にピッチリとしたものを着ているのがやっぱり見栄え悪いんでしょうね。私も上半身からすっぽりと隠すスタイルで描きました。まあちびキャラでの話なのでよく伝わることはないかと思いますハイ。

ブログ更新してなかったので軽く進捗

キャラクターがフリー素材でも「女の子がかわいいゲームですね^^」って喜ぶ人いっぱいいるんだだから、自分も借りてきちゃえばいいのになー


…とかグチったりするこの頃です。


Rakugaki02140224.jpg
ボールペンでノートに描いたムダな落書きをご覧ください。


現在ゲーム部分が固まってきていて、笑いながらスクリプトやってる感じであります。ウディタも大分慣れてきて、その簡単さに今頃になって感動している状態だったりします。(ただやっぱりとっつきにくい部分はあるかな。)ぶっちゃけた話、笑えるゲームになると思いますが、まあそのあたりはご愛嬌ということで…。

それで、映画観た後の喫茶店で台本書いたり、家に帰って春ならではの書類整理したりと、まあいろいろと行っております。台本は依頼する際に字数がどれだけかとか決めておかないとならないので、どうしても遅れてしまったり、それにあわせて他の作業も遅れたりと、ゲームづくりは本当に大変だなあと思う次第です。


これは前々から書いていたと思いますが、今回の新作は当サイト初の非百合ゲーという扱いとなります。そしてアダルト内容とする予定でもありますので(ギリギリ18禁にならない程度で。)、全年齢版と完全版という2バージョンで公開する予定です。お楽しみに。

次作は非百合ゲーで大人向けアダルトです

前々から書いておりますが、「次作は非百合ゲーで大人向けアダルトです」。「“大人向け”と“アダルト”ってかぶってるやん!」という話ですが、ネットだと重ねた方がいろいろ都合が良かったりするので、どうぞよしなに…。

というわけで、既にこんな画像を用意しました。

アダルト注意的な

わかりやすいというか、どっかで見たようなデザインですね。まあわかりやすさが一番です。(すっとぼけ)


公開は、いろいろと現在進行形でありまして、4月以降となりますが、もう少々お待ちいただければ幸いであります。

制作進行やばくなってきたけど、ひとつ言わせてくらはい。(「ライオンのうたげ」について)

記事名の通り、いろいろとまずい状況になってきて、「あかん、いつ完成するんやろ」なんですが、製作状況ということでひとつだけ更新します。

企画段階から描きたかったラストシーンを済ませて、自分でうわあああああああああああってなったあああああああ!!!(スピーカー)


簡単に見られるエンディングは極めて普通なエンディングですが、真のエンディングは「果たしてこれは受け入れられるんだろうか…?」レベルのひどい方向に行ってると思います。いやもう、テキスト打って自分でエクスタシーですよ。(それって要は作者オナニーなんじゃ…ゲフンゴフン)


そういった興奮がひどかったので、つい勢いのままブログ更新しちゃいました。すみません。


とりあえず私が見た感じ、フリーゲームのホラーゲームっていうのはホラー要素にロマンス物を組み合わせたのが人気のようなのですが、「ライオンのうたげ」に関しましてはスリラーホラー映画をイメージして制作しておりますので、「え!?こんなラストなの!ひどい!」とかなると思います。まあそのあたりを「これはホラー物なんだ」ということで味わっていただけたらいいなあと思います。(できるかな?)


それから!テストプレイヤーさん切実に募集です!多分、製作途中の物をモニタープレイとかそんなことになっちゃうかと思いますが、ご協力していただけたら超嬉しいです!謝礼は一切ございません。スタッフロールの最後の方に「スペシャルサンクス」とか名前が載るぐらいの不名誉なことしかできませんが、それでもよければお願いします。興味ある方はtwitterでもメールでもなんでも構いませんが、コンタクトお願いします。(なお、まだテストプレイやってもらえるほどできてもいないですハイ。)

そもそも「ライオンのうたげ」とはどういうゲームなのか?

「テストプレイヤーさん募集」とか書いちゃいましたが、どういうゲームか書かないと、そりゃ誰も興味わきませんよね。ちょいと反省。

「ライオンのうたげ」とは、ウディタというRPG作成ソフトで制作しているアドベンチャーゲームです。おそらくホラーゲームという区分に入れられちゃうと思いますが、ぶっちゃけ怖くありません。プレイしてからわかるかと思いますが「基本的にはホラーだけど、怖くないよね」ってなると思います。そのあたりは乞うご期待ということで。

多分他のフリーのホラーゲームを作ってらっしゃる方は既存の有名作品をイメージして制作してる方が多いんじゃないかなあと思いますが(まあ私も参考にしてますが。)、「ライオンのうたげ」に関しては洋画のホラー物をイメージしておりますので、毛色は結構違うんじゃないかと考えております。とりあえず、オバケと幽霊は出てきません。

ScreenShot_2014_0407_19_28_31.pngScreenShot_2014_0407_19_29_40.png
画像は仮のものです。2枚目のは完成品で変わっています。

ゲーム内容を明かしてしまうと、「村人を説得して脱出させる」ゲームです。どの人も急に逃げろとか言われて「ハァ!?」ってなるので、それをどうにかして従わせるのが主な内容です。鍵になるのは全て左下にある選択肢だけというシンプル構成。

さて、どうしてそんな状況になるのか? 以下に簡単にバックストーリー紹介するので、だいたいわかるかと思います。

昔のある村に、歳は20になる女がいました。

女は結婚して2年目。村自体豊かではありませんでしたが、毎日つつましく畑仕事をしながら暮らしていました。

そんな中で、不穏な話が聞こえています。いくつもの村が何者かに寄って一夜の内にまるまる滅ぼされるという殺人事件の話です。

食糧と金品が無くなっていることから強盗目的と見られていましたが、何より不審なのは遺された死体の頭部がどれも粉々になっていることでした。

人々は恐怖しましたが、襲撃された村から生き残りの若い女が発見され、手口の異常性から彼女が“魔女”として処刑され、事件は終息しました。

彼女の処刑から同様の事件はしばらく起きなくなり、どこの村も平穏に戻ったかと思われましたが…。





以下、ふりーむさんのところに載せるつもりで書いたテキストです。下書きですので、後から変更はします。
本作はふりーむ様のポリシーに合わせましたF版です。
完全版は大人向けアダルトな感じなので高校生以下の方はご遠慮ください。
ご興味のある方は作者サイトへお越しください。完全版もフリーです。



操作する主人公:20歳人妻(子どもはまだ)
舞台:中世ファンタジーRPG風の寂れた村。メインは夜
種別:完全選択肢型のウディタアドベンチャーゲーム
怖さ:作者は笑いながら作りました

「ばりちーへ。」でご意見・ご感想をくださった方々ありがとうございました。
その際のご意見も参考に以下の仕様を備えてみました。

・いつでもどこでもセーブ(イベント中以外)

・ゲーム内にヒント表示

・他、いろいろとチュートリアルを実装

・ボイスには字幕付き(今回はパートボイスです)

・しゃべりながらプレイできる程度の難易度

・途中ゲームオーバーなし。即死なし

・クイズも暗号も鍵探しもなし

・割りと直球な描写(※完全版に限る)

・労せず見られるハッピーエンド

ちなみにこのゲームは私が昔好きだったゲームのシステムを
参考にして作っております。(原型からは遠くなりましたが…)
「こんなようなゲームが増えるといいな~」と思っておりますので
もし似たような作品が幾つも世に出たら格別に喜びます。




バナー(仮)【非百合ホラーアドベンチャーゲーム「ライオンのうたげ」】

元画像はこの裸婦画ですが、ぶっちゃけあんまり気に入っていないので余裕があったら最初から描き直すかもしれません。まあ大抵余裕なくて力尽きるパターンなのですが…。

元画像は一応不安定な姿勢で不安を表現しました。元々作品自体は「洋画のイメージ」でやっていたので、「ザ・洋画」ってなったのは我ながら驚きでした。

というわけで、バナー。

lioness_ban20140419-120120.png
120ピクセルの正方形です。

lioness_ban20140419-120240.png
縦を2倍にしました。

lioness_ban20140419-1.png
大きいバナー。このバナーは出演者様の名前を入れたいので、後日修正します。


ちなみに「ライオンのうたげ」の部分はあおぞら明朝Boldで、「またひとり死んだ」は梅P明朝です。(自分用メモ)

「またひとり死んだ」とあるように、本作はプレイ中にかなりの人が死にます。多分これだけプレイ中に人が死亡するのも、フリーゲームでは珍しい方じゃないかと思います。(とか言いつつ、ちゃんと調べるともっと死んでるのも多そう)