[攻略] ウ■■タの難しさに絶望しヤケになってVX Ace Liteでつくったバカ百合RPG

例の如く攻略コーナーです。いざできてみたら、思ったよりもゲーム性が(わずかながらに)ありましたので書いておきます。

続きを読む

ウ■■タの難しさに絶望しヤケになってVX Ace Liteでつくったバカ百合RPG

※今回はネットカフェでテストプレイしていないので、動作不具合ありましたらメールかメールフォーム、何ならツイッターアカウント宛にご連絡下さい。

今回の動画はニコニコ動画とyoutubeで別物になっております。ニコニコ動画版→youtube版の順番でのご視聴を推奨いたします。





すみません、ネタゲーです。10~5分で終了します。期間限定でダウンロードすることができる(2013年5月8日まで)VX Ace Lite ニコニコエディションでつくりました。正直言いますとVXを試してみただけという感じです。



ダウンロード→  ミラー

ふりーむ!さんでは「アクションゲーム」という所属カテゴリだったのですが、特にアクションゲーム要素はないかと思います…。(ふむーむさんは運営者の方がカテゴリ分けをしているので、私からは指定できません。)

なお、プレイには別途にランタイムパッケージデータをダウンロードする必要があります。(多分)

ダウンロードしましたら、下記ファイルを実行していただけますと、ゲームが開始されます。



攻略は別記事にて書いております。今回はyoutube版にて全エンディングを動画化しておりますが、「どうしても」と思いましたらご覧下さい。→こちら

「バカ百合RPG」の動画がついに1,000再生行きました!感謝!!




一生懸命つくった作品の動画が、これに全然勝てないのを思うと、悲しくて涙が止まりません…。




それはいいとして、ゲームづくりしていてようやくわかったのですが、結局皆に見慣れた物の方が人気が出るということですねえ。この「バカ百合RPG」にしても、「RPGツクールでコントをやる」っていう、割と人気だった流れみたいなものを意識したので、「さもありなん」とか思ったのですけど。

よく「それまで誰も思いつかなったサービスで大成功!」みたいな話をよく見聞きしてきたんですが、結局そういうのって利便性だとか経済性だとかが非常に優れているものの話で、こと娯楽関係に関してはそういう発想がほとんど受け入れられないのが世の中…ということを痛感させられました。

個人的には、「また○○かよ!新しいものを考えろよ!」というネットの事情通の嘆きに深く同意しているのですが、いざ創作物を自分でやってみると何故業界の人たちは同じようなものばかり作るのかが身に染みてよくわかる次第です。


というわけで、現在企画しているのもだいたいそんな感じです。ヘタレですみません。